メンタルクリにっこり!店長 

対人恐怖症専門家を自負しています俺!

対人恐怖症専門家を自負しています俺!

はじめに

13歳の頃、自覚し始めましたから約50年ですよ!
ただいま62歳ですから。
もうすぐ63歳のおじいちゃんなんです。
気持ちは若いですけどね。
若いのです。
万年青年目指しています。

対人恐怖症専門家メンタルクリにっこり!店長デス

自負しています。
何を?

そんじょそこらにいる対人恐怖症のひとより長い期間生き延びてきたからです。
それも、かなり力強くです。
それでも40歳くらいまでは、は かなりの厳しい辛い苦しいだけの人生でした。

いまは、もう大丈夫!
春に会社は辞めましたが、常に管理者へ引き合いに出されていましたよ。

自分で言うのも何んですが、頼りにされたということです。

人気があったといいたいのです。
今年春に、自ら退職したのです。
今でも、毎月のようにお付き合いをせがまれます。
いえね。
のみゅにケーションで発散したいのですよ彼らは、そして彼女らは。

私は、自分で言うのもなんですが女性に好かれます。
この歳になって!
禿げたおっちゃんですけど!

スナックのママにも惚れられるし。
それも複数の。

前の職場の女性は勿論、男性からもお誘いを受けます。
そんなに、しょっちゅうは出かけて行きませんけどもね。

何が、言いたいのかと言いますと。。。

対人恐怖症で半世紀生き延びてきたこの私は、対人恐怖症専門家だといいたいのです。
対人恐怖症専門家 メンタルクリニックではなくて。
メンタルクリにっこり! 店長デス

当事者である私も対人恐怖症で視線恐怖と脇見恐怖です。

辛くて苦しくて悶え苦しみました。

今もありますケド。
皆様の、癒しにすこしでも貢献できたらとの想いでブログ始めているのです。


対人恐怖症の皆様

どうか、力を落とさないでください。
私のような者がいるのです。
後についてきてほしいと思います。
ネットを拝見してますと、いろいろなひとがいますね。
「対人恐怖症が治った」とかいう人います。
治ったのならそれが一番よいですから何とも言わないです。

対人恐怖症というものは「本来は治らないようにできている」

けれども、対人恐怖症というものは「本来は治らないようにできている」のです。
どういうことかと言いますと、治らないというよりも少しづつ症状が薄らいでゆくというのが本当のところだと思います。
では、なぜ治らないのかと言いますとそれには、理由があるからですね。
スピリチュアルな世界の話に近づいてしまいますが。
対人恐怖症になるひとは、そうなることが、そのひとに相応しいからという理由で、そうなる運命なんです。

何故相応しいといえるのか?
それは、輪廻転生を深く追求してゆくことになります。
ひとは、生まれ変わりそして、また生まれ変わると言われています。
何故?生まれ変わるのか?ですね。

カンタンに申し上げます。
人間の作った「罪」を償う為にこの世に生まれ変わるのです。
正確には、強制的に生まれてくるのですね。
それは、罪を償わなければいけないからです。
それは、大宇宙の真理であります。
私のブログ記事で、時々普遍の真理ともうしているのはこのことなんです。
罪を償う方法には、二つあります。

ひとつは、罪を受けることで苦しむことです。
苦しみ悩み孤独で死にたくなることいっぱいあるでしょう。
変な言い方しますが、それでよいのです。
だって、罪を償うのに楽してできませんからね。
そうですよね。

話しはぶっ飛ぶように聞こえるでしょうが。

ここからが、超重要事項です。

従って、「苦しい悩みを与えてくださり有難うございます」と唱えることが大切になります。
苦しいことを感謝しろとは、非常識なことです。

けれども、この非常識こそ対人恐怖症という恐怖を幸運に転換するキーワードです。

苦しいことに感謝の言葉を言えるようになりますと、必ずそのひとは幸運に巡り合うことになります。

とてつもない、幸運がやってきます。

信じてください。

もうひとつは、人様に親切にしてあげることで罪を償うのです。

ひとそれぞれ、得意分野が違うと思います。
そのひとの得意な分野で良いですから、ひとの為、社会の為、職場の同僚のため等になることを精いっぱいやりましょう。
親切にすることは、罪の償いなのです。
少しづつで良いのです。

私は、この春まで苦学の学生をしていました

働きながらの学びと学生スクーリングへ参加するなど筆舌に表せない心労がありました。

その上、毎日3時間を6か月間学習して「精神保健福祉士」国家資格を取得しました。

こんな禿げたおっちゃんは、6年間も通信制福祉大学を通いました。

そして、今春合格となったのであります。

卒業式には参加しましたが、場に相応しくないほどおっちゃんでっしたけど。

対人恐怖症も病的なほどの状態なら受診すること

素直に医療機関に掛かりつけになることが重要です。

薬物療法が基本になります。

薬物で、精神とかこころが変わるわけないと思うかもしれないですよね?

そうではななくて、いま心理的負担になっている脳の働きを少しでも楽になるよう調整する効果があるのです薬物療法は。

脳の働きは目に見えねいですけれども、ちゃんと薬で安定するように調整してくれます

対人恐怖症はスピリチュアルな世界を知ることで救われる

どういうことかと申しますと。

かんたんに申し上げて、医療機関で受診され治療を継続していると症状は軽くなることはあるはずです。

けれども、それだけでは完全ではありません。

見えない世界からの「霊波・波動」というものが存在しているのです。

普通のひとには見えないから分かりません。

分からないから知らないで済まされることでもないのですけどね。

この辺になってくると、誤解偏見など生じてしまうでしょう。

ですから、安心してお話できるひとでないとこれ以上のお話は、ありませんてことになります。

さて。

ひとの為になることを人生後半やる運命なのです俺。

続く

-メンタルクリにっこり!店長 

© 2020 対人恐怖と仲良く365日