こいはる

対人恐怖症でもモテない訳ではなかった

はじめに

私の知人でもあります関さん(仮名20代男性)のお話です。

対人恐怖症でも恋愛はデキるように、いよいよ改善しましょう!

対人恐怖症でも異性にモテることは不可能ではありません。

対人恐怖症でも、素晴らしい恋愛に発展するのです。

モテるためのポイントがいくつかありますので、これから私と一緒に探求してみましょう。

SNSのおかげで、対人恐怖症でも恋愛できると実感

私は対人恐怖症でしたが、異性とも恋愛をすることが出来ましたので、対人恐怖症でもモテない訳ではなかったです。

私が恋愛をする上で使用したものはSNSになります。

これは対人恐怖症の私でも対面するわけではないので、緊張をする事無く接することが出来ると考えた私の方法です。

このSNSのおかげで、対人恐怖症でも恋愛できると実感しました。

対人恐怖症の場合は、目の前に人がいると話をうまくすることが出来ませんが、snsを通してなら上手くやり取りをする事が出来ます。

私の場合もSNSなら顔を見せずに話をすることが出来たので、対人恐怖症でも恋愛できると安心することが出来ました。

私の方法を利用すると悩んでいる方も対人恐怖症でも恋愛できると、行動することが出来るはずです。

対面をする訳ではないので、対人恐怖症が出ることもありませんし、言葉に詰まる事もありませんでした。

その為、自分からも話題を提供することが出来たので、今まで様な受け身の姿勢になる事もありませんでした。

実際にSNSを通してから相手に会うと、今までにやり取りを繰り返していたので、そこまで緊張をすることもなかったです。

恋愛に対して諦めていた方でも自信を持つことが出来る

更に対人恐怖症でも恋愛できると感じたのは、自分と同じ様な考えを持った方にも沢山出会う事が出来たからです。

多くの方が利用をしているツールになるので、様々な方が居られ、楽しく恋愛をすることが出来ました。

色々な人と巡り合うことが出来ますし、年代も幅広かったので、自分の好みの異性を見つけることが出来て良かったです。

私の方法を利用することで、恋愛に対して諦めていた方でも自信を持つことが出来るようになります。

対人恐怖症でも恋愛できるという希望を持つことが出来るので、人生のパートナーを見つけることが出来ます。

私もこの方法を利用するまでは、恋愛を諦めていましたが、この方法を利用した事で人生を変えることが出来ました。

今では付き合いも長くなっており、結婚の話も出ている状態です。

相手の方にも気に入って頂くことが出来ましたし、お互いの話も合うので二人で居ると心地よさを感じます。

異性と付き合う事が出来ないと思い込みをしていた時に比べると、雲泥の差です。

私の方法を利用することで、多くの方が希望を持つことが出来ると感じています。

パソコンやスマートフォンを利用して、インターネットの環境さえあれば、誰でも手軽に行うことが出来るので、ハードルも高く有りません。

SNS 種類がたくさんあります

SNSについて少し解説してみたいと思います。

SNSとは、Social Networking Service(ソーシャルネットワークサービス)の略で、ソーシャル(社会的な)ネットワーキング(つながり)を提供するサービス、という意味になります。

また、SNSとは、インターネットを介して人間関係を構築できるスマホ・タブレット・パソコン用のWebサービスの総称です。

古くはブログや電子掲示板でも、そうした機能も一部は実現できていましたが、SNSはでは、特に、「情報の発信・共有・拡散」といった機能に重きを置いています。

Facebook(フェイスブック)

mixi(ミクシィ)

GREE(グリー)

Google+(グーグルプラス)

LINE(ライン)

カカオトーク

Instagram(インスタグラム)

Twitter(ツイッター)

ユーチューブ動画投稿型のSNS

以上代表的なものをあげてみましたよ。

 

-こいはる

© 2020 対人恐怖と仲良く365日