スナックバーで息抜き

居酒屋行きたいとママは

行きたい理由は他に・・・

ママさん可愛い

今夜ふたりで居酒屋行きたいよとメールがくるのであります(^_-) 悪い気はしませんよね。 やっぱし男の子だもんね? うひょ 連れてってとお願いされちゃうキタちゃん。 悩みごとあるから聞いてほしいというのでありますよ。 居酒屋が好きというよりも。。。 うーむむ そんでも、今夜は胃の調子が悪くて断りましたよ。 かわいいママさんですから断るのは、気がひけますけども。 調子悪いのですからしょんないね。 なんでこんな、おじぃさんキタちゃんなんかに気を許してくるのだろうか? はて、なぜかな。 考えしてまうのですよ。 相手は、ママさんですよ。 いろんな男性客を見ている訳ですから。 一般的な女性よりも、男を見る目が鋭くて深い洞察ができるね。 何か企みでもあるのではないのか? まぁ後に、判明することですが。  大人の社交場だし、夜だし、花金だし? とかく、理由付けしてそれも、なるべく正当な? 通いますの男性多いですね。

意中のママさんを仕留めるなんて技?

そんなもの簡単ではありませんね。 なんせ、狙う相手は百戦錬磨のオンナであります。 そうなんです虎ですよ。 ママさんできるようなひとは、女ではありません。 お 男か? いや、男でもないですが。 なんつーか、ガードが固いんです。 ものすんごく固い壁があるんですが、素人にはそれが見えないものなんです。 そりぁそうかもしれないね。 カウンターの中だとは言え、目の前にいるんだもの。 そうですよね。 固い壁は、ママさんの営業心理の奥にしっかりと鎮座しています。 例えば、誕生日を教えてくれた程度で喜んじゃいけません。 お店に数回程度通ったくらいじゃ、信用されません。 最低でも毎週1回以上通わなくては、通用しません。 ただ、通えない理由をママさんが納得できる形で示せれば違いますよ。 それができれば、今度は応援してくれるようになるでしょう。 そうして信頼されることを重視して通いましょう。 こうなると、ぼちぼち期待できるカモ? 程度ですね。 スナックに、通算100回通ったとしてもただそれだけじゃ通用しないんですね。 非情な世界は、こんな地方でも夜の世界にもあったとね。 ただ通うだけじゃ、上お得意様~ ただの、お金をも持ってくる「カモ」かもしれないカモ?

「信頼を獲得する」を目指せ!

お酒を呑んで、寛ぐキタちゃん ゆったりしたくてスナック行きますよね。 ですがママさんは、どちらかと言えば、そんなのんびりを希望していないわけです。 営業的に言えばですヨ! スナックは、お店なので売り上げが上がってかなければだめなんです。 来店したお客は、どんどん呑んでボトルも入れ替えてくれなくちゃダメなお客の烙印おされちゃいますね。 なので、お客様はどんどんお替りちょうだいをしてほしいんですスナックママ。 分かりますよね。 分かるけどキタちゃん お酒そんなに強かないのだ。 生ビール2杯も呑めば、もういらんよ!てな。 そこで、ママさんに「呑んで」とお勧めすることをおススメします。 気前のよい男がダントツ評価上がりですよ。 お店に行く前、お財布に万札たくさんしまってから出掛けましょうね。 払い方もおおらかにできますと、それまた信頼を獲得できると。 と、すこし期待しちゃいましょう。 この前なんか、生2杯のんだくらいだったのですが。 一万札渡したら、なんとママさん「ありがと~」なんて全部もらわれました。 そんなとき、「おおいいよ。おつりはママさんにあげるわ」 なんて言うと、にっこり笑顔で喜んでいたのでありました。 いいんです。 そんなもの。 いつもじゃないし、きっとママさんも何か欲しいものでもあったんじゃないのかな?それでよければ使っておくれ程度。 こんな事例紹介しましたが貴方でもできるし、意中のママさんだったら出来るんですよ! これも、社会勉強であり自己投資しているのである。(正確に言うとスナックママさんに投資しているのであります)

スナックママの本音

本音ですから、そのひとに聞いてみなけりゃ分らんです。 ひとによっても違いますからなおさら。 普通に考えたらで、分かる範囲で答えてみましょう。 ・お客さんたくさん来てね。 ・お客を選べないし、選ばないから。 ・中には、好きでないタイプのお客もくるけど許容範囲とする。 ・なるべくたくさんお金落としてほしいな。 ・会話がぽんぽん弾むお客がいいけど、選べないからそれも許容範囲だし。 ・会話の弾まないお客も、気を遣いながら相手するのも仕事なの。 ・ママさんは、「結構あたまを使う仕事」ですよ。 ・お客様と、話を繋げて楽しんでもらわないとですね。 そんなことを心掛けているでしょう。   それでは、またね!  

-スナックバーで息抜き

© 2020 対人恐怖と仲良く365日