メンタルクリにっこり!店長 

対人恐怖症専門家 メンタルクリにっこにっこ!店長 おはよう!

皆さんおはようございます。

朝ですよ。

金曜なのです。

週末、待ちに待ったでしょうか。

お仕事や、学問学んでいるのでしたらお休みがくるのは嬉しいことですよね。

今日はお客様と会わなくてはいけない

午後から約束があるのですよね。

少し気分は凹みます。

親戚のひとですから、妙に気を遣ってしまう気がして。

嫌ですね。

ただ会うだけではないです。

不動産営業マンへ紹介を兼ねて

親戚の者を紹介するために会うのです。

これで2度目です。

紹介して、契約がとれた暁には「紹介料」なんていうご褒美があります。

だから、嫌だけども紹介はしたくなるのです。

紹介料は結構お高いです。

○○○万円!?

すご!

こりゃ頑張らなくてはいけないかも。

対人恐怖は当人だけにしか分からない苦痛だ

視線恐怖のある自分には、人と対面する時間が苦痛です。

やっぱり嫌ですね。

他人には、理解できないでしょうが。

対人恐怖症というのは、当人だけにしか理解できない恐怖と苦痛なのです。

これを読んでくれているあなたなら、分かってもらえますでしょうか。

結局は頑張るのである

そうである。

今日も、今日と言う一日を「感謝」して頑張りましょう。

自分なりの頑張りでよいのです。

そうです。

無理しないことが、長続きする秘訣だ。

月末処理日の今日はいろいろと忙しいです

今日は、朝から忙しくしております。

平日の月末日ですから、いろんな支払いとかあります。

まずもって、自動車税なんてあります。

毎年思いますが、高いですね。

自動車やめてしまえば、無くなりますがそうは簡単にやめられません。

田舎なので、移動が困難になってしまいます。

そうは言ってもバスがあるには、あった。

数年後には、自動車もやめなければいけないかもです。

やめる前に、少しづつ自動車を使わない生活に慣らす必要がありますね。

定額給付金もらったよ ひとり10万円

27日付けで入金されていました定額給付金です。

これは、有り難いですね。

一回だけでは、ダメです。

第二弾を待ちたいと思います。

国民みんなが、新型コロナ肺炎の影響で生活に悪い影響がでています。

命が掛かっているとも言えます。

定額給付金には、命を繋ぐ力を感じます。

実際、コロナで働けなくなってにっちもさっちもいかないケースありますよ。

現実に。

二回目の定額給付金を待ち遠しいひとが多い

そうです。

職を失ってしまった人にとっては、10万円では全然足りてませんてことです。

それにしても新型コロナ肺炎は怖いですね。

いつ収束するのか時期が見通せないです。

決定打となるべき治療薬も、いまだ無いのです。

時間が掛かるのでしょうね。

なので、時間が掛かるということは、定額給付金は一度だけでは救われないのです。

地元の製造会社では、軒並み受注ダウンしているそうです。

働いている人も、なんとか繋がっているようです。

企業が貰える、雇用調整助成金を頼りにしているからです。

正社員でも週1日、月に3日以上休み

正社員の中には、月に6日以上休む人が出ているということでした。

企業が雇用調整助成金を申請し、後で貰えるという助成金を頼りに雇用を繋いでいるのです。

もっとひどいケースもある。

私が定年になるまで働いていた職場の事です。

昨日たまたま、スーパーで会って話を聞きいて驚きましたよ。

1つのに正社員が4人いて、毎週誰かが一人一日休んでいるようです。

仕事が無いからです。

他の人も、定時は17時なのですが15時程度には帰社しているらしいです。

社長もほとほと困っているようでした。

定額給付金の2回目が必要だというお話です。

 

今日はここまで。

 

 

 

 

 

-メンタルクリにっこり!店長 

© 2020 対人恐怖と仲良く365日