夢の話

不思議な夢をみた

今日は不思議な夢をみました

年寄りなので疲れて昼寝していました。

午後から2時間くらいでしょうか。

真珠色で出来た建物の基礎

まず真珠色(パールカラー)で出来た建物の基礎を見せられました。

それはしっかりとした大きな基礎でした。

基礎ですから、地上からは見えないものですが。

真珠色でとても神聖な雰囲気を伴って出来ている基礎が

目の前の地下に広がっていました不思議な色です。

 

基礎と同じ高さくらいの視点、

地面に潜って一面を眺めている不思議な構図だった。

地球外生命体を預けられる

次に、地球外生命体を預けられました。

 

子どもくらいの大きさで、生きていて言葉も話します。

その地球外生命体は、世間でいう常識を備えていません。

 

非常識とも違う、常識なのだなと思わせました。

 

お腹の辺りから非常にまぶしくて白い閃光を放ちます。

 

地球外生命体の力は、あのアラジンの魔法のランプのような

強大なパワーを持っているようでした。

 

宇宙からのパワーを引き寄せたり

動かしたりできるような雰囲気が伴っていました。

私にそれを預けるから大事に育てなさいとのメッセージも

 

同時に受け取っていました。

戸惑って見ているだけ

私は、ただただ戸惑って見ていました。

このことは、

これから地上に立派で神聖なる建物(精神世界)を

 

創り上げなくてはいけないのだなと思えました。

 

で、夢から覚めました。

不思議な夢をみるのは、これが初めてではないです。

そして、夢で見たことは当たるのです。

 

独りネットビジネスで成功するのは

当たり前で、そして普通で自然の事だなと

 

確信した自分がいます。

 

 

-夢の話

© 2020 対人恐怖と仲良く365日