あいさつ

自己紹介

 

おはようございます

私は、地方在住で60歳定年超えの男性です。

定年で一旦は退職し、子会社で数年働いていましたがこの5月末に辞めました。

今は、家にひきこもり?のような生活をしています。

外に出ると、近所の人たちから見られますから。

「まだ働けそうな年齢身体なのに、家にこもっていちゃ、もったいない!」とか。

さらに、「働かなくちゃだめじゃん、なにやってるのかな?」

なんて思われていそうです。

さらにさらに、「あんな仕事やそんな仕事紹介してあげたいな」等など。

実際、そういう声が届いていますからね。

努力家と勤勉と真面目

さて、自分でいうのもなんですが、私は努力家です。

勤勉でもあります。

56歳になったとき、高卒だった自分を奮い立たせて短大へ入学しました。

働きながらですから、もちろん通信制の短期大学生です。

58歳で目出度く、短大を卒業できました。

学びを継続したくて、次は大学3年生として編入できる福祉系大学を選択しました。

社会福祉士の資格取得のため、働きながら「実習生」として21日間も福祉職場へ実習にもいったことがあります。

私は、地元に多い製造業に関わり定年まできましたので、福祉という現場は全く未知の世界でありました。

大学へ入った当初は、大変困惑しました。

福祉を学ぶと、製造業とは違った観念が必要になります。

例えば、福祉現場の実際をビデオで観る授業があったのですが、製造業しか知らない自分にとって、衝撃的でありました。

まず第一に、「こんなの仕事じゃない!遊んでいるようなものだ!」だったのです。

福祉職場におられるひとには、大変失礼な言い方です。

すみません。

その福祉系職場に、私も3年ほど勤めましたからね。

福祉は、遊んでいるのではまったくありません。

ちゃんと仕事しています。

精神保健福祉士という資格へ向けて

身体・知的・療育・精神いろいろな障害があります。

私は、精神障害者の支援をしてみたくて資格取得へ進みます。

一度大学を卒業した後、すぐに再入学しました。

そこで、精神保健福祉士の資格取得を目指しました。

国家資格ですが、それを受験するための要件が必要だったのです。

社会福祉士でも、精神保健福祉士であっても、合格までの道のりは決して平たんではありません。

山あり谷あり、時には落胆ありです。

4年生編入学なので、標準では1年で卒業できるはずだったのですが、出来ませんでした。

この時こそ、落胆したことはありません。

学びを放り出してしまおうかとさえ、思ったものです。

たった1単位が不足してしまった為、留年が確定したときです。

今年の春、合格通知を見たときはとても嬉しかったです。

達成感がありました。

合格は次のスタート台

社会福祉士を取得して、それで終わりにしません。

ちゃんと組織に加入して、基礎研修なるものを学び継続しています。

毎月一回あるのですが、「大学院」といえる内容だと思っています。

学べば学ぶほど、次のステップがあるんですね。

ひとりで学べない

今春、私にとって夢の精神保健福祉士を取得できました。

ここまでの道のりは、時間でいうと6年間も掛ったことになります。

短大から始まった学びがです。

定年前から学びを準備していたのです。

私の年代で、学び続けるひとは少数なのが現実です。

年に数回あるスクーリングで会う、同級生たちと交流もしました。

現在でも交流は続いています。

来月と年末には同窓会兼ねた忘年会を企画してくれるよう頼まれました。

男女ありますが、そういった仲間があったからこそ学び続けられたのだと思っています。

学びの場であった、仲間たちを大切にしたいですね。

副業兼業

今、日本で働く会社員には副業解禁の流れがあります。

副業とか兼業しなければ、将来の老後生活費が足りませんてお話しです。

65歳から年金受給しても、他に2000万円預金がないひとは、老後破綻します。。

社会を不安の波が走っています。動揺が広がっています。

何か、副業をしなくてはいけないな。

今、副業セミナーが流行っているみたいですね。

注意しないといけません。

どこにも、いるんです詐欺みたいなことを平気でやれるひとたちが。

不動産が好き

家業が、もともと不動産賃貸だったので、普通に不動産賃貸業には興味がありました。

もちろん責任もありますが、不動産関連は、好きな分野です。

髪が長かったあの若い頃に、宅地建物取引士も取得してあります。

不動産屋は、怪しいひとばかりですから、少しでも騙されないように知識をつけておかないといけないです。

不動産の物件も、増えたのでそちらの管理が大変になっています。

これも、福祉職場を辞めた理由のひとつになります。

対人恐怖

自身は、対人恐怖を感じています。

このことは、それがない人には分かりません。

好奇な目で見られるのがオチかもしれないです。

世間に向けて、堂々と発信できるサイトが必要だなと。

少しでも、同じ境遇で悩み苦しんでいるひとたちの癒しになればと。

毎日が、辛くて苦しくて生きるすべを失っている場合があります。

大丈夫です。

恐怖を感じる場面を、去ればその瞬間から恐怖は跡形もなく存在しないのです。

勇気と希望をもって、生きて行きましょう。

明日は、今日よりもきっと幸福になります!

-あいさつ

© 2020 対人恐怖と仲良く365日