こいはる

対人恐怖で異性と交際(Ⅰ)

はじめに モテたいけど

自分の若いころのことです。

とても静かで内向的な性格でした。

まじめで大人しかったし純情そのものでした。

はっきりもうして、まったくモテませんでした。

20代中頃になってやっと

生まれて25年目くらいに、やっと少しだけ女性とお話しするようになったのでした。

その頃の自分は、女の子と向かい合って座るなんて考えられないことでした。

例えば、喫茶店でテーブルに向かい合って座ることがありました。

すると全然ダメです。

何を話せば良いのだろうかと考えますと、さらに頭が空白になってしまって困りました。

ある時、男の友人がセットしてくれたんです。

でも、目のやりばに困りました。

私は視線恐怖症なのです。

冷や汗がでて、時間がものすごく長く感じられるんですよ。

こんなんで、女性にモテるわけがないですよね。

その友人がアドバイスで言ってくれるのですが。

例えばですが「相手を男だと思って話してみなよ」とか、「大丈夫だよ」とか、「何か面白いこと話すと良いよ」もっと「大笑いできる冗談なんて良いよ」はたまた、「少しはバッチい話でもぜんぜん大丈夫だよ」と。

そんなこと言われても、それが出来ないから困っちゃうのです。

とにかく女性が前にいると何を話そうかと、考え込んでしまうのでダメです。

本当に困りました。

女性と仲良くお話できる友人が羨ましかったです。

とても悔しいとも言えます。

こころの中では、仲良く女性とお話したいと強く思っているのですが。

自分は男なので、男の気持ちはだいたい分かります。

対する女性の気持ちは、まったく分かりませんでした。

女性とは、空想の世界に生きている生き物のように感じていました。

女性は尊い存在です。

女性というのは恐ろしいのだった

それでもおそるおそる近づきたいのですが、怖かったです。

相手の女性の口から出る言葉に、恐怖を感じていたのかもしれません。

どうせ、目の前の女性はバカにしたこと言うのだろう。

俺なんて所詮バカにしかみえないんでしょ?

開き直る自分がいました。

ここまでは20代中半までの自分を思い出してみました。

そうですね、あの頃はエロいことばかり考えて頭が膿みそうだったぜよ!

あの頃は,つらかったよなホント(;´Д`)

対人恐怖症で20代後半にお見合いする

そして20代後半になります。

恋愛なんて、遠い世界の話です。

あるとき近くの美容院さんの勧めで、お見合いをしましたよ。

それで、付き合うことになった女性がいました。

その時からです。

少しずつ、話しやすくなっていったんです。

やっぱり、どこかにいるんですね。

こんな、阿保みたいに何考えてるかわからんような男ですよ。

なんとか、交際が続いたことありました。

その時から、女性に対する考え方が少しずつ変わっていったのだと思います。

相手の身の上の悩みとかお話聞くことが多かったと思います。

類は友を呼ぶのかもしれない

要するに、自分と同じような類の女性だったのかもしれないです。

類は友を呼ぶといいます。

同じような類の女性だと、お話しし易かったと思うのです。

懐かしい思い出です。

まとめ

・とても静かで内向的な性格でした

・女性と喫茶店でテーブルに向かい合って座ることがありました

・仲良く女性とお話したいと強く思っているのですが

・女性とは、空想の世界に生きている生き物のように感じていました

・あの頃はエロいことばかり考えて頭が膿みそうだったぜよ!

・自分と同じような類の女性だった

・少しずつ、話しやすくなっていったんです

 

続く。

-こいはる

© 2020 対人恐怖と仲良く365日