後ろから呼び止められたす

後ろから呼び止められた書生

それは3月のある朝のこと。

書生は午前5時を過ぎますと起床するように目覚まし時計セットしています。

正確には、携帯電話のアラーム機能を使用しています。

これって、結構使えます。

一度鳴っても、5分後の10分と15分にもアラームが鳴るようにセットしてありますから。

携帯電話には、歩数計の機能もありますしね。

携帯電話は便利な文明の機器です。

なんちゃって。

歳がばれますネ?

文明の機器は、使わなくちゃもったいない!のである。

朝起きると、まずは衣服を整えます

それから書斎に向かうと、屋外に洗面スペースがあるので顔を洗います。

顔を洗う前に、水を汲みお湯を電気ポットで沸かしておくのです。

但し直ぐに湧きますよ。

ほんの2分程度か。

これも、文明の機器だった。

使わなくてはもったいないのである。

蛇口を開けると冷たい朝の洗面では、ぴりっとしますよ。

手が冷たいし。

次に、歯磨きを開始します。

なんとなく、口の中が嫌じゃないですか。

朝の寝起きのお口の中です。

そうでしょう?

そうするうちにだんだんと目が覚めてきます。

朝の洗面も終わったし

朝の洗面も終わったことだし、気持ちもリフレッシュです。

さて今朝は、散歩に出かけようかなと。

今日は、いつもと反対方向へ歩いてみようかなと思い立ちました。

運動靴に履き替え、ジャンパーを着こみます。

頭にニット帽と両手に軍手をはめたら、いざ出発なのだ。

懐中電灯は、まぁいいか。

歩いていれば、そのうちもっと明るくなるぜよ。

家から出ると歩道を歩いていました。

朝から背筋を伸ばして歩こうと意識しながら、左右をキョロキョロ歩いていました。

その時です。

突然後ろから呼ぶ声が?

聞こえたのです!

ニャァーゴ!

あれれ?

ねこだ。

振りむいたら「ノラ子」がいたので直ぐに急いで駆け寄りました。

いつもの、ノラ子の鳴き声よりもかなり大きかったです。

まるで、そっち行くな!みたいな。

ということは、書生の後ろを着いてきたのです。

なんと健気なニャーゴじゃないですか。

ノラ子にとっては、ここまでくると家から遠く感じて怖かったのかもしれないですね。

こんなとこまで、着いてくるじゃないぞ!

そんな感じで話しかけながら、両手で抱き上げました。

もう、しょうがないな。

両手で抱えながら自宅へノラ子と一緒に帰ることにしたのです。

散歩は一時停止です。

また後で歩けばよいことだしね。

途中、大きなトラックがきたのでノラ子はとても怖がっていました。

しっかり、抱きしめて難なく書斎まで到着したのです。

ほら降りろ!

ノラ子を書斎の中に降ろした途端走り出したのです。

なんだ、これ。

なんと、ノラ子は自宅の玄関の前に座って書生の顔をみていました。

なんだ、そういうことだったのか。

よしよし。

お腹が空いていたのだな。

玄関を開けて、中に入れてやった優しい書生なのでした。

書生はねこは好きではないです。

ないですが、今後どうなりますでしょうか。。

おしまい。

 

 

おすすめの記事