吾輩は「ねこ」である

吾輩は「ねこ」である

吾輩は「ニャーゴ」と鳴く「ねこ」である。

ずいぶんと前から此処のご主人にはお世話になっている「ねこ」なのである。

吾輩は、ご主人の前でいつも「ニャーゴ」となくのだ。

そうすると、ご主人はすっかり分かったように、自宅の玄関を開けてくれる。

常にはすこし冷たい感じがするご主人だが、吾輩が「ニャーゴ」と鳴けばそそくさ対応してくれる有難くて良いの人なのである。

自宅に入ると、嫌いでもありできるだけ顔を合わせたくない猫二匹と出くわすことがある。

吾輩としては、自分のことが好きであって他の猫たちと仲良くしようなどと思ったことはないのだ。

タマに顔を合わせると、自分は決まって背中を高くそして丸めて、さらに目を立て、威嚇してやるのである。

キィキーッ

タマに顔をあわせる二匹の猫の名前は知らない。

おそらくタマではないようではあるが。

キッチンカウンターの隅こに用意してあるあさご飯

吾輩は、自宅に入るとキッチンカウンターの隅こに用意してある朝ごはんを頂くのである。

かつお節を盛った猫まんまではないのだ。

ねこ缶から出てきたもので、なかなかのうまい味である。

朝ごはんを頂くと、そそくさと外へ散歩に出かけるのは吾輩の日課である。

表通りに出ると、路線バスというものが時たまくるので冷や汗がでるときもある。

十数年も生きてきて随分と慣れたものだが、それでも時々ひやりとしてしまうことがある。

吾輩は十数年生きてきているが、まだまだ修行が足らない「ニャーゴ」だと自覚したりもできるのである。

エッヘン!

自分で言うのもなんであるが、デキの良くて尚且つかわゆい「ニャーゴ」だと自画自賛するのだ。

吾輩の特技は人間に懐いて媚びをうる

毎朝のことお世話になるご主人に「ニャーゴ」とないて、また擦り寄って鳴いてを繰り返す吾輩である。

そうすると、早速自宅の玄関を開けて入れてくれるからなのだ。

十数年生きてきて体得したことは、人間に対して「ニャーゴ」と鳴いて擦り寄ったもん勝ちなのである。

これが出来れば、ネコの一生安泰なのであった。

たぶんね。。

ご主人は、自分のことを「書生」と呼ぶ

少しへんな人間なのだ。

この時代に、自分のことを書生などと呼ぶ人間など聞いたことがない。

ご主人は、自宅の横にある小さな別宅を書斎と呼んで、その中で一日中過ごしていることが多いのである。

お昼を過ぎると歩数計などという器械を持って、街を徘徊してくるのがご主人の日課なのだ。

吾輩もお連れ申すのであるが、3軒も隣まで歩けば草むらにごろりんするのが良いのでである。

遠くまでは飽きて行く気がしない「ニャーゴ」なのである。

まぁ、ほどほどがよいのである散歩。

おかしな名前で呼ばれる

それは、ご主人から声かけられるときのこと。

「ノラ子」と言って、両手で抱き上げてくれるのだ。

なぜ、「ノラ子」なのか。。

吾輩は、半分はノラ猫のような暮らしをしている。

それから、三毛猫のメスということで。

それで「ノラ子」なのだそうである。

本名は別にあるのにである。

「りり」というのが本名であることをここで公言したい。

吾輩はご主人の趣味のパソコンの前にゴロン

ご主人は、【対人恐怖と仲良く365日@思考】というブログをパソコンの前でカチャカチャするときがある。

吾輩は、それを見つけると早速パソコンの前にしゃがんでゴロンとするのが好きなのである。

ゴロリンごろごろニャーゴろりん♪

それでもご主人もカチカチやっているのである。

そのうち、怪訝な顔をしだすのである。

もっとのんびりとしていれば良いと思うのだが、人間と言うものはどうにも前を急ぐ生き物のようである。

吾輩のように、午後の陽だまりでまったり寝コロンボすれば良いと思うのだが。

そうではあるまいか。

人間という生き物は、何故か分からないが「のんびりごろりん」していられないようである。

吾輩の目には、少しへんじんに映るご主人なのである。

吾輩を抱っこしてくれるこころ優しいご主人

パソコンをカチャカチャする手を止めて。

そのうち、両手で抱っこしてくれるのである。

冬はさむいので大変ありがたく思えるご主人なのである。

お返しに、ご主人のほっぺをぺろぺろするのが毎日の日課になっている吾輩。

但し、ご主人は嫌っているような素振りを見せるのだが。

いえいえ、ご主人のこころは「喜んでいる」ことくらいお見通しの吾輩なのである。

そうなのだ。

明日も、ご主人のほっぺをぺろぺろしようと誓う吾輩であった。

吾輩も、少し変わったネコだったかもしれない。

ニャーゴのお話し。

おしまい。

追伸 我が家のほんとの猫のお話でした。

いつも、ご主人側である自分からの見方とは、反対側であるネコになってみた。

即ち、ネコになってネコの気持ちを少しはわかってあげて、そしたらいまよりも優しくしてあげることができるのかなと。

自分はネコ好きではありませんてことです。

犬も好きではないです。

それでも、家族が飼っていれば「しょうもないです」よね。

自分は嫌だけども、少しはネコの立場になって考えるきっかけになれたらよかったかなと。

ネコって、感情の動物なのでしょう。

人間みたいには、考えることなく本能で生きている動物です。

犬や猫、動物を大切にしましょう。

こころ優しく接してあげましょう。

これを書いてみて、実感した素直な自分の気持ちです。

もう一度、言います!

こころ優しく接してあげましょう。

寿命も人間ほど生きることのない生き物なのです。

ネコ嫌いな自分ですが、今回の書き物で少し考えさせられたことがあったのは本当でした。

今日も「ノラ子」有難う。

続く。

↓こちらも読んで楽しんじゃってくださいね

少しへんじんな「書生」から見た「ノラ子」なのです。

どうぞ↓ ここをクリックしてね。

ひとよんで「ノラ子」と申します!

終わり。

おすすめの記事