白木蓮が満開になりました

白木蓮が満開です

白木蓮(ハクモクレン)が満開の3月初めです。

今年は満開になる時期が相当に早いですよ。

例年ですと、3月20日前後が満開だったのです。

だから今年は、2週間は早いと思います。

沿道の両側にたくさん植えられているハクモクレンの白い花を見ていました。

白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを感じさせてくれる落葉高木の1つです。

花が開くと風が上品な香りを運び、心を和ませてくれるもの。

白木蓮の花は、23日ほど咲いた後直ぐに落ちてしまいます。

儚いものですハクモクレンの花。

今日は近くの公園に咲いていた白木蓮を眺めに散歩してきました。

昼間は暑かったですね。

ほんと、汗かいちゃいました。

白木蓮の次は染井吉野桜

白木蓮が咲いたら、その次は染井吉野にバトンタッチです。

こちらの地方では、そんな感じで季節の移り変わりを感じることができます。

今年の染井吉野桜、綺麗でしょう期待します。

日本一美しい花染井吉野。

花が咲けば、心もウキウキします。

今年もみんなで桜見物へ出かけましょう。

さて、今年の桜見物スポットはどこにしましょうか。

桜の花って散るのが早いです。

咲いたなと思ったら、すぐ散ってしまいます。

はらはらひらひら惚れれ?

惚れますよ桜のあの淡いピンク色。

雨が降るとたいへんだ

雨でも降ったら悲惨ですよ。

もったいない。

日本一美しい花です。

日本が誇る染井吉野。

満開の時は、華があります。

もう枝が隠れるほどにピンクの花びらが満開に咲くのです。

あの素晴らしい美しさはこころに響きます。

そして今年も桜よありがとうとこころで言うのです。

それももう直です。

桜の名所はあっちこっち行かなくちゃね

桜見物には、「桜を眺めながらの酒宴」があります。

ちいと寒いです。

花冷えがやってくると「酒宴」どころじゃないですよ。

特に夜桜見ながら宴会なんて、寒くて花見なんてどうでもよくなってしまいます。

なので、無理に「酒宴」しなくても良いかと思います。

クルマの中から、ライトアップされた桜並木を眺めるってのも良いではないでしょうか。

浜松城公園は、「桜見物と酒宴」グループでいっぱいになる

その時期になりますと、歩くとこ以外は桜見物と酒宴の席でいっぱいになります。

土日などは、昼間から酒の匂いがぷんぷん漂います。

これは桜を楽しんでいるのか、酒を楽しんでいるのかどちらでしょうか。

まぁ、どっちでもよいですがそんな桜との時間を楽しんでいるのでしょう。

いいですよね。

ひとの一生は、長いようで短いのだ。

人の一生は1本のローソクに例えたとします。

あれよあれよと燃え尽きてしまうローソク。

みんな、楽しめるときには楽しみましょう。

そんな想いが湧いてくる桜の季節は、もうすぐ。

あと何回桜見物できるのだろうか

しんみり数えてみることあります。

指折り数えて。

毎年、綺麗な桜の花びらを眺めながらです。

あと何年生きられるとしたら、その回数だけ桜の時期がやってくる。

たくさんの桜をみてこころにたくさん仕舞っておきたいなと思うのです。

今年も開花し始めたら、あっちこっちの桜見物したいなと今からわくわくします。

新型コロナ肺炎の感染が心配

今年の桜見物は、事情が違います。

なるべく早くに収束に向ってほしいと思います。

今は、日本中たいへんなことになっています。

3月初めから、小中高の学校が休みなのです。

私も長年生きてきたけど、こんなこと初めてのことなのです。

大勢のひとが集中するようなところには控えなくてはいけない事態になっています。

桜見物は、屋外でするものですからいいのでしょうか?

桜見物はあまり関係ないのでしょうか?

はてな?

2020年入ったら、新型肺炎が世界を襲っています。

新型肺炎は、人類に対する「大自然」からの何かの啓示であるのかもしれない。

そんな想いがしています。

ここまで読んでくださり、本当に有難うございます。

朝晩は、まだまだ冷えます。

ご自愛くださいね。

 

以上。

おすすめの記事