こころ優しく生きる

こころ優しく生きる

私はこころ優しく生きて行きたいです。

辛さ苦しさをひとの何倍も味わった自分だからこその想い。

対人恐怖で辛い毎日を送っているあなたも、きっと。

そんな想いをもてるようになるでしょう。

ひとの辛さ苦しさが分かるからです。

他の人の辛さ(主に精神的な)が痛いほど身に染みているあなたであれば、その裏返しとしてひとに優しくなれるのです。

これは、自然の法則なのでしょうね。

いま、対人恐怖で辛くて毎日が苦しいひと。

明日の希望もなにも感じられない人。

そうです。

自分がそうだった。 

朝いつものように近くのコンビニ

今朝6時過ぎ、いつものように近くのコンビニまで出かけてきました。

私の好きなあんぱんと、100円コーヒーを買ってきましたよ。

その帰り道のことです。

自分は、「ひとに優しく生きよう」と。

そんなことを思い巡らせながら、あんぱんを左手に持ち、右手でコーヒーを持って。

とぼとぼと、家に帰ってきました。 

ひとに優しい気持ちを持つ

ひとに優しい気持ちをもって、接するということは良いことです。

自分のこころが広くなり安定するからです。

精神安定薬のようなものでしょう。

自分よりも、人の気持ちを大切にする。

ひとに接するときは、優しくを前面にだすのです。

それは、態度であったり、言葉であったり。

ほんのちょっとした、しぐさでもよいのです。

ちょこっと「笑顔」を向けるとかで。 

対人恐怖があると、「笑顔」ができづらいです。

無理しての笑顔は特に冷や汗ものです。

顔がひきつります。

私も、なんどひきつったものでしょうか。

2030代は地獄の底辺をさまよって生きていた。

笑顔が大事だと言われて

もっと、笑顔でいたほうが良いと言われたことありました。

「泣いても一生、笑っても一生」なんて言われながら。

同じ一生なら「笑って一生」のほうが良いですよとね。

そりゃ、そうです。

対人恐怖で辛かった最中に、そんなこと言われても理解できませんでした。

何も生きる希望もなく、ただただ未来の恐ろしい暗黒ばかりを感じていたのです。

笑えるわけありませんよね。

対人恐怖症のひとに笑顔ムリ

そう思い込んでいました。

思い込んで生きてきたのです私。

でも、いまはすこし違います。

笑顔が幸せを作るってことがあるのです。

そんなことが分かってきましたから。

「たまごが先か、ニワトリが先か」そんな話しありましたよね。

笑顔が先なのです。

そのあと、幸せなことがちょっとずつでも得られるものなのですよ。

これは、自然の摂理でもあります。

ですから、大自然の申し子である貴方も、当然自然の摂理に則った考え方や、行動をすると良いのです。

最近になって、こんな理解の仕方ができるようになってきました私。

まだまだ、修行の身です。

恐怖症という暗黒世界の魔人

恐怖症という暗黒世界の魔人に操られて。

人間は平等ではないなと、いつも思って生きていた。

周囲を見渡すと、実に楽しそうに生きているのです。

それぞれの、趣味とかに。

仲の良いカップルを見て、羨ましく憎らしくも思えたのです。

こんなに、辛くて苦しくて悩んで生きているこちらの気持ちも理解されることもなく。

目に見えない重い鎖を背負いながら、息をして生きてゆかねばならなかった。

 辛い経験長い経験があるからこそ

自分に辛い経験長い経験があるからこそ、他の人には優しくなれるのです。

これは悟りの境地みたいなものです。

たぶん。

辛い気持ちを背負っているひとの気持ちが、よくわかります。

分かるから、ひとに優しくなれるのです。

あなたも、他の人に優しい気持ちで接することができるように。

なれたらよいですね。

なれますよ。

対人恐怖で辛くて苦しい毎日を送るあなたであれば。

 こころ優しく生きるのだ

それができるようになれば、変わるでしょう。

恐怖症という暗黒世界の魔人から別離を告げて。

恐怖症でも「明るい世界の住人」へと変わるでしょう。

他の人に、心優しく接する。

それが、自分へと返ってくる。

そして、毎日が平穏で幸せな自分に成長するのですよね。

自然界の絶対不変の真理

↓こちらの記事もお勧めです。 読んでみてね!

自然界の絶対不変の真理

 以上。

おすすめの記事