対人恐怖症でも異性にモテる出北さん流の4つのポイント

はじめに

こちらの「対人恐怖でもモテる為の4つのポイント」は、出北さん(仮名20代男性)よりご意見頂きました。

人間ですので、いろんな性格とか嗜好とかありますよね。

貴方も、是非いろんな角度から、自己点検する機会にしてみてください。

モテないと思い込んでいる貴方!

意外な発展があるかもです。

対人恐怖症の悩みはスパイラル

人前に出ると強いストレスや恐怖感を抱いてしまい普段通りの立ち居振る舞いが出来なくなる。

赤面や手の震えとか動悸や息切れ、そして腹痛や胃痛の症状が出て困る。

その困るという状況が、さらに恐怖を増幅させているのが恐怖症のスパイラル効果なのです。

こんなスパイラル効果なんて、要りませんが勝手に付いてきてしまいます。

顔や頭や脇や手から大量の汗が流れて止まらなくなる。

初対面の人とコミュニケーションをとることが怖くて出来ない。

集中力がもの凄く低下して仕事のパフォーマンスに悪影響が及ぶ。

上記に当てはまるものがひとつ以上該当するなどの対人恐怖の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

対人恐怖症には様々な問題がつきまといます。

その中で、恋愛に対して積極的になれないというのもその一つです。

恋人をつくるためには、出会いを経て恋愛のスタートラインにまずは立たなければなりません。

そこで重要になってくるのが、異性にモテる魅力的な人間になるということです。

異性からアプローチしてもらえるモテる人間になることで、スムーズな恋愛に発展させることが出来ます。

モテるための4つのポイントを押さえておけば、対人恐怖でも異性にモテるようになり、恋愛に対して積極的になれます。

恋愛相談のエキスパートがヴェルニに集結

出北さん流モテるための4つのポイント

ファッションや髪型やエチケット面に気を配り外見磨きをする

ファッションや髪型やエチケット面に気を配り外見磨きをする。

異性にモテるためには、まずは外見を磨くことが大切です

外見を磨くことが、自分に対して自信を持つことやモチベーションアップにもつながります

これ意外と大事なことです。

そのために積極的に行うべきこととしては、エチケット面に対する高い意識を持ち口臭ケアや体臭ケアやヘアケアやスキンケアやムダ毛のお手入れを怠らないようにする、筋トレや有酸素運動で引き締まった美しいボディラインに導く、清潔感やトレンド感のあるファッションや髪型を意識するなどがあります。

この際高い意識を持つためにも、本屋さんに行って、ファッション系雑誌を買ってきましょう

買ってきたら、読んで学ぶのです。

学んだら、実行するのです。

ちょこっと「ニコッ」程度の笑顔が欠かせません

モテるためには笑顔が欠かせません。

仏頂面だったり無表情だったりすると近づきにくい雰囲気が出てしまいます。

そうすると自然とモテることから遠ざかってしまいます。

相手に威圧感を与えてしまう可能性が、かなり高まりますので、常に笑顔で相手が話しかけやすい雰囲気をつくることが大事です。

実際には、恐怖を感じているすぐ傍で「笑顔」なんてなかなか出来ませんよね。

でも出来ないから、やってみるのです。

大丈夫です。

ほんのちょこっと「ニコッ」程度で良いのです。

顔がひきつってもいいのです。

そんな簡単なところから努力してみましょう。

いつまでも笑顔でいなくても大丈夫ですよ。

あまり無理のない形で、場数を踏めると良い

コミュニケーション能力や会話力を向上させるためには、とにかく場数を踏むことが大切です。

積極的にコミュニケーションをとって経験を重ねることで、少しずつ自信を持つことが出来るようになります。

積極性や前向きな姿勢やポジティブな考え方は恋愛において大事な要素ですので、自ら相手に歩み寄りサービス精神を持って接する努力も必要です。

自分をいたわることも大事ですので、無理したり我慢したりせずに誰かに頼ることも大切です。

あまり無理のない形で、場数を踏めると良いですね。

この際、同性の友人と一緒に行動してみると効果ありそうです。

友人と相談し合えますものね。

同性の友人との場数を踏めば効果満点、勇気百倍と行きましょう。

医療ドクターに相談すれば気持ちも楽になりますし、最適な治療方法を提案してもらえます

精神科や心療内科のドクターに相談すれば気持ちも楽になりますし、最適な治療方法を提案してもらえます。

治療という物理的な対策を講じることが、安心にもつながります。

出来るところからまずは一歩踏み出してみてください。

成功をお祈り致しております。

まとめ

・人間ですので、いろんな性格とか嗜好とかあります

・重要になってくるのが、異性にモテる魅力的な人間になる

・ファッションや髪型やエチケット面に気を配り外見磨きをする

ちょこっと「ニコッ」程度の笑顔が欠かせません

・あまり無理のない形で、場数を踏めると良い

・医療ドクターに相談すれば気持ちも楽になりますし、最適な治療方法を提案してもらえます

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事