暗号資産ビットコインの夜明け
暗号資産ビットコインは仮想通貨

ビットコインとは何だろうか

初心者にわかりやすく説明したいと思います。

その前に断っておきたいのですが、私も初心者の範疇に入るのだと思っています。なので、詳しく奥まったところまでの説明はできません。ご承知おき戴けますでしょうか。

 しかし、初心者の視点からなるべく分かりやすくを重視しながら丁寧に説明させていただきますのでご安心ください。営業するつもりなど、全くないですからその点も、ご安心くださいませ。

ビットコインは、姿や形のないお金

ビットコインは、お金です。しかし、ビットコインは仮想の通貨でありますから、10円玉や1000円札のような姿形はありません。

ビットコインの単位は、BTC(ビーティーシー) と表記されます。

1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます。

その他身近にある仮想通貨

オンラインゲーム内の通貨も「仮想通貨」と言えます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

他にも、特定の Web サイトでのみで使える仮想通貨も存在します。

利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというしくみを利用しています。

ゲーム内の仮想通貨と、ビットコインは何が違うのか 

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。

ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

電子マネーと違うの?

仮想通貨と似たような概念として、電子マネーというものが存在します。

電子マネーは、コンビニとか電車の改札などで利用できますね。

紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

小銭いらずて、スピーディーな金銭処理ができるので、お店にとってもメリットが多いです。

ビットコインは、電子マネーと似ているが同じではない

ビットコインを説明する際に、電子マネーであると説明するのは強引です。

電子マネーは、もともとあるお金を交換して使用しますが、ビットコインは「仮想通貨」なので、もとのお金の姿は存在しないのです。

面白いですね。ビットコインは、もともと姿のない「デジタルマネー」と言えるでしょう。

ぼちぼち、話が混乱してきましたね。。。 すみません。

ビットコインを使うメリット

国家や企業が関与していないので、個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。

1.個人間で文字通り「直接」送金できる(いつでも)

2.海外にいる相手であっても手数料が無料か格安

3.監視や制限が存在しない

国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。

そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

ビットコインはどこに保存されているのか

ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。

これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。

ビットコインを利用するすべての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、決済に利用します。

一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換します。

ビットコインは誰が管理しているのか 

ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しません。

一体誰がビットコインを発行し、流通を管理しているのでしょうか。

ビットコインは、次に生まれる新しいビットコインの発行や、取引の詳細情報は、そのすべてがコンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みです。

世界中にある分散された、コンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで、中央管理を不要とする仕組みです。

マイニング

ビットコインの採掘(マイニング)とは。

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。

その作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。

追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、その見返りとして新規発行されたビットコインが支払われます。

その新規発行に至る行為を「採掘(マイニング)」と呼ばれています。世界中で、日夜マイニングされているわけですね。

ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoinとされています。

このようにビットコインの発行総量は、事前に決められています。それ以上の新規発行はないということです。

この辺りが、金鉱山から掘り出された「金」という存在に似ていませんか。

この世に存在するが、有限な価値ある貴重な存在ということですね。

ビットコインも、これからの時代と共に価値が上昇しそうだなと思えますよね。

なんだかわくわくするのは、私だけなのでしょうか?

ビットコインは誰が作ったのか

ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

それからわずか3カ月後、ビットコインは公開されました。

ビットコイン購入方法

では、どうやってビットコインを手に入れるのでしょうか?

仮想通貨取引所・取扱所をいくつか紹介します

私は、現物取引のみやっております。FX取引は今のところしていません。

GMOコイン

bitbank(ビットバンク)

Coincheck(コインチェック)

DMM Bitcoin

どこのホームページを見ても、自社のメリットばかりを謳っています。

当然ですが、鵜呑みにしてはいけないですね。

あくまで、参考にしてください。

どこも、似たり寄ったりではないでしょうか。

私的には、GMOコインとコインチェックをお勧めしたいです。

他に、ビットフライヤーも口座開設してますが、現時点では新規入会が出来ない状態なのです。(取引はできますが)*更新情報:現在新規入会出来るようになっています

その他の用語解説 

質問:ハードフォークとソフトフォークとは?

回答:どちらも仮想通貨のアップデート手法の1つ。

 

質問:ハードフォークとは?

回答:ソフトフォークとは異なり、以前のバージョンとの互換性がない新しいブロックチェーンが生まれる可能性がある。

2017年8月には仮想通貨「ビットコイン」からのハードフォークとして「ビットコインキャッシュ」が登場した。

 

質問:ソフトフォークとは

回答:ソフトフォークは既存ブロックチェーンの改善(バージョンアップ)と言える。

新しいコインが派生するわけではありません。

 

質問:アルトコインとは?

回答:アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

以下に、時価総額の高い順に紹介しておきます。

イーサリアム(ETH)

リップル(XRP)

ビットコインキャッシュ(BCH)

その他下位アルトコインは多数あり。

 

質問:ビットコインETF とは

回答:ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略です。

ETFを金融市場に上場する場合、金融当局の承認を得なければなりません。

ビットコインETFの上場申請が行われているアメリカでは、SEC(米国証券取引委員会)が投資家保護の仕組みなど、さまざまな観点から審査を行っています。

 

質問:ビットコイン価格操作

回答:ごく少数の人物が価格の上下を操作していた可能性があるという。

 

質問:ビットコインチャート

回答:ビットコインの価格を表にしたもの。

単位は、分・時間・日・月・年などで表示できる

 

質問:仮想通貨取引所とは?

回答:例GMOコインが所有しているコインを買ったり、または買ってもらうこと。

 

質問:仮想通貨取扱所とは?

回答:取引所以外で売買すること。

(こちらのほうが少しだけ安く買え、高く売れる可能性がある)

 

今日はここまで。

 

その他

 

もしかしたら、ここに紹介したことは間違っていたりするかもしれません。

出来るだけ最新情報を紹介していますが、年月経ることで変わることがあり得ます。

情報は自身で、正しく収集し自己責任で投資ライフを楽しまれてください。

損害がでても、利益が出ても当方は一切関知できませんことをご承知くださいませ。

 

追記

今持っている、仮想通貨ですが半年で1.5倍を維持しています。イーサリアムです。

半年でこの数字は、すごいですよね。これが3年とか経ったらどうなっているか楽しみです。

銀行の利息などあってないようなものです。

 

 

 

 

おすすめの記事