対人恐怖症は恋愛できるわけないのか?

はじめに

人間なら誰しも恋愛したいものですよね。

そうですあなたもそれでいいのです。

「恋愛は最大の処方箋」なんて言葉がありますから。

今回は、私の友人Cさんからお話を伺いました。

「恋愛をする」が希望なら「あきらめの心構え」を持とう

人間の性格は各人各様ですね。

まるっきりおなじ性質や考え方を実践している人ということは、グルッと見まわしてもそう簡単にいないですね。

「みんなちがって、みんないい」っていうのですが、性格によって毎日の暮らしでいろいろとくたびれてしまう原因になり得る場合もあります。

独りよがりな人はまわりから反感を買ってしまいそうですし、引っ込み思案の人はまわりとほとんどコミュニケーションがとれません。

こういうタイプは、恋愛を始めるときには都合が悪い性格をしていると言っても間違えではありません。

しかし、本人の欠点が分かって対策する事ができたら、恋人を作ることも無理ということはないのです。

対人恐怖症の人間は、どうすれば恋愛を楽しむことができるのか?

元々恋愛に不得手な性格の人だって、残念ですがおります。

対人恐怖症の人がこちらに当てはまる。

元々他人とコミュニケーションを取ることに恐怖心を抱えているのですから、お友達を作ることでも、恋愛をすることでも、相当困難といっても間違いないでしょう。

他の人とかかわりを持たないというような生き方も1つの個性だけども、その個性をプラスに考えると言うことは、本人にとってもずいぶん難しいところと言えますね。

対人恐怖症の人が恋愛をするためには、どういう努力をしていけばベストなのでしょうか。

対人恐怖症が目立つようになってしまう原因は人それぞれですが、いずれにせよこれを発症してしまいますと、お友だちどころか知人すらもまるっきり作れません。

じつは私自身も、他の人とのコミュニケーションが不得意で、20代前半私の親とさえまともに話をするのだって難しく、22歳から26歳に掛けては引き籠もりみたいになってしまい、その間の尊い恋愛適齢期をすっかり棒に振ってしまったのです。

しみじみ、これ程まで勿体ない年代は無かったなぁと思っております。

「対人恐怖症の克服は不可能だ」と諦めた

それではどのようにして対人恐怖症を乗り切ったのかと言いますと、「対人恐怖症の克服は不可能だ」と諦めたことこそが大きな転機だったように感じます。

個人の性格を大人になって以降、突然に生まれ変わったかのごとく変えるなんて多才なこと、誰一人としてできやしないんです。

できるはずがないことをしようとして悶々と苦しみ悶えるであれば、対人恐怖症ながらもこの先も歳を経るにつれて人生が冴えないので、なんとか賢明にしようという気になるほかないと考えたのですよね。

あきらめるようにすれば自分自身もまわりも許せる結果になる

対人恐怖症の第一の問題点は、他人の目に対しては上手く振る舞おうとして神経過敏になってしまい、行動がアンバランスになってしまうということが、当事者としてのストレートな気持ちです。

かりにまわりはさほど期待していないときでも、尋常でない緊張感でいっぱいになってミスしてしまい、自己嫌悪に陥ってしまうというスパイラルへ。

ここから這いあがるのは、ずいぶん大変なことなのです。

今でも、すっかり対人恐怖症を克服したわけじゃないのです。

依然として他の人に対面するときや、あまり知らない所に行くときは緊張感から吐き気や腹痛に苦しめられますし、こうなったらそういったものと思って割り切るほかないと感じるのです。

割り切るという事は、ある意味ではあきらめてしまうということなのですね。

専門家であるカウンセリングは効果があることもあるのでしょうが、私自身ではそれほど効きませんでした。

そうかといって、いつまでも家に引きこもっているのみの人生は、再三書きつづるように、とことん情け無いのです。

というわけでいつからか私は、私の対人恐怖症を完治させるというのはあきらめて、まわりも誰もが自分自身に期待していないと思いこんで生きるように変わっていました。

そうでもしないなら、とてもではないですが新しく出会いも、仕事すらも、なにもかもやれなくなるので、これについてはしかたが無い対処となりました。

結果としてこのあきらめが災いして、今は周りに私の対人恐怖症について悟られることもなくなりました。

自身の弱点を気付かれないということは、その事実だけである程度ストレスを感じずになってくるのです。

更にストレスを感じることなくなってこそ、恋愛にトライするだけの精神的な余裕ができます。

まとめ

一言で対人恐怖症と言っても、ずいぶんと色々な不調になるものです。

過大な不安や緊張というのは、それのみで病気の呼び水といっても間違いないでしょう。

プレッシャーし続けることで精神面での不調が生じるとともに、自律神経の乱れせいで健やかな睡眠も困難になり、身体上の問題も発生し易くなってしまいます。

そうしてこのような原因である対人恐怖症は、ハッキリいって一生モノの付き合いと化してしまうのが、厄介な所です。

どう頑張っても克服が困難なら、目一杯気にかけないこと。

いよいよマジでこれに尽きるでしょう。

対人恐怖症は完治するタイプの病気ではないのだから!

以上です。

 

おすすめの記事