対人恐怖症でも上手に恋愛する私なりの方法を教えます

はじめに

山村さん(仮名20代男性)のお話です。

対人恐怖症でも恋愛はデキるように、いよいよ改善できます。

これは、夢物語なんかではありませんよ。

若い男性にとっては、年上の女性は理想的かもしれませんね。

普通に暮らしているだけでは異性にモテるのは簡単ではないです。

しかし対人恐怖症でも異性にモテることは不可能ではありません。

対人恐怖症でも、素晴らしい恋愛に発展するのです。

モテるためのポイントがいくつかありますので、これから私と一緒に探求してみましょう。

中学の頃クラスの女子らにからかわれる

昔から人見知りが激しいほうでしたが、中学の頃にクラスの女子数人からいろいろとからかわれた時期があります。

その後、人見知りがさらに激しくなってしまい、対人恐怖症で大人になってからもいろいろと悩んでいます。

人によって症状の違いはありますが、自分の場合には人とのコミュニケーションが苦手で対面した状態で会話をすることが非常に苦手です。



 

ゲームが好きでゲーム仲間とチャットコミュニケーション

そのため人と接することを極力避けながらインターネットなどを通じて情報をチェックしたり、SNSなどでコミュニケーションを取ることが多くなりました

SNSの場合では、相手と直接のコミュニケーションをとることがないため比較的落ち着いてやり取りができました。

ゲームが好きなため、スマートフォンのゲームなどを通じて仲間とチャットしたりするのも自分にとっては楽しいひと時です。

ネットを通じて人とのつながりができるというのは嬉しいと感じることもありました。

仕事は、在宅で収入を得るという形である自立した生活などもなんとかできるようになりました。

その頃にはSNSなどを通じて数人、仲のいい人達ができましたが直接会ったことはないです。

そういう方達だったのでどのような容姿をしているのかという点に関してはお互い、知りませんでした。

自分は対人恐怖症であるということを打ち明けました

ある時、仲の良い女性とプライベートな話題をしていた際に、思い切って自分は対人恐怖症であるということを打ち明けました。

相手から拒否されるかと思いましたが、逆に自分に対して興味を持ってくれて親身に話を聞いてくれたのは嬉しかったです。

それからはお互いのプライベートな話題をよくするようになり、その後直接会ってみないかという話になり勇気を出して、直接会うことにしました。

この時点で、相手が少し年上の女性であり、一人暮らしをしていることなどいろいろと情報を得ていました。

なので、会うということは少し緊張していました。

対人恐怖症でも恋愛をすることができる

会ってみると自分がイメージしていた通りやさしい人だったので一安心しました。

会っても最初はうまくしゃべれませんでしたが、こちらのペースに合わせて会話をしてくれたのは嬉しかったです。

対人恐怖症に関してある程度理解を得ていてくれたのがよかったのだと思っています。

その後も、少しずつデートをするようになり今ではあまり緊張せずに、二人で楽しい時間を過ごしています。

対人恐怖症でも恋愛をすることができるというのは、自分にとっても嬉しいことでした。

理想の相手にネットを通じて出会えたことは、今の自分にとって最高の幸運だったと思っています。

以上です。

おすすめの記事