対人恐怖症であっても素敵な恋愛は可能です

はじめに

知人の山田さん(仮名20代女性)のお話です。

対人恐怖症でも恋愛するのは可能です。

これは、夢物語なんかではありませんよ。

普通に暮らしているだけでは異性にモテるのは簡単ではないです。

しかし対人恐怖でも異性にモテることは不可能ではありません。

対人恐怖症でも、素晴らしい恋愛に発展するのです。

モテるためのポイントがいくつかありますので、これから私と一緒に探求してみましょう。

対人恐怖症であっても素敵な恋愛は可能

私は、物心がついたときから人前に出ることに抵抗を感じていました。

友達に対して「人前に出る時に緊張しないの?」と聞いてみると、大勢の前で話をするのは緊張するといっていました。

そのため、緊張をするのは自分だけではないのだと思っていました。

ですが、場合によっては一人の人間と話をするときも非常に緊張してしまうことが多かったのです。

そのせいで、周りとのコミュニケーションをとることができない時期が多くありました。

単純に緊張するだけのこともありましたが、人と話すのが怖いことも多かったです。

20歳を過ぎたころ、精神科病院に行き診察を受けてみたのです。

すると、どうやら「対人恐怖症」とのことでした。

それ以来、自分は対人恐怖症なのだと意識するようになり、友達関係だけでなく恋愛からも遠ざかるようになりました。

私の場合に限らないかもしれませんが、すべての人が怖いわけではなく、自分にとって重要な人ほど怖いと感じたのです。

例えば、好きな人が出来て話しかけようと思っても、とても怖くて話しかけることはできませんでした。

逆に、その人から話しかけられた時も全く声が出ないぐらい緊張して指先がわずかに震えていることもありました。

対人恐怖症は、恋愛をすることができないのではと、言われることがありますが、確かに苦手な一面もあるでしょう。

ですが、必ずしも恋愛をすることができない訳ではありません。

実際はそうではなくて、対人恐怖症であっても素敵な恋愛は可能なのです。

ひとりの人間として考えた場合でも、それは当然のことなのですよね。

早道は「上手にふるまおうとしない」ことなんです

ですから自分なりの克服の仕方を見つければ、恋愛することもできるようになります。

では、対人恐怖症の私が恋をするためにはどのような行動をしたのでしょうか。

その答えの一つは、上手にふるまおうとしないことです。

実は、人前で上手にふるまおうとすることが対人恐怖症の原因の一つだったのです。

人間は、人によく見られたいという気持ちが少なからずありますので、上手にふるまいたい気持ちもあるでしょう。

ですが、あえて上手にふるまうことはせず、「ダメならダメで仕方がない」と潔くあきらめることも重要と感じました。

そのため、当たって砕けろではありませんが、積極的に相手に話しかけてみたところ、前ほどは緊張せずにふるまうことができました。

ただそれでも、根っこの部分から変化したわけではありません。

少し油断すると、息苦しさを感じてしまいすぐにその場から逃げ出したくなることもありました。

最初のうちは居酒屋に行くことを条件で会う

そこで、最初のうちは相手と居酒屋に行くことを条件に会うことが多かったです。

なぜ居酒屋に行くかといえば、お酒を飲むことで緊張をほぐしリラックスしながら相手と話すことができるからです。

そのため、毎回お酒を2杯から3杯ぐらい飲んで夜のデートを楽しむことが多かったと思います。

ですが、いくらお酒を飲めば緊張しないとはいえ、毎回夜のデートばかりでは面白くありません。

そこで、昼間のデートの場合も少しお酒を飲んで家を出ることがありました。

ただ、あまり飲み過ぎてしまうと顔色が悪くなってしまうためほどほどに飲むようにしたのです。

それでお付き合いが1年近くになると、お酒を飲まなくても会えるようになりました。

以上です。

おすすめの記事