対人恐怖症 異性にモテるようになったような気がしています

はじめに

藤田さん(仮名20代女性)のお話になります。

対人恐怖症でも恋愛はデキるように、いよいよ改善しましょう!

対人恐怖症でも、素晴らしい恋愛に発展するのです。

モテるためのポイントがいくつかありますので、これから私と一緒に探求してみましょう。

対人恐怖症の症状として異常な量の発汗や赤面や震えや動悸や息切れ

私が対人恐怖症の症状に悩み始めたのは、社会人になりたての頃からです。

もともと内気な性格で引っ込み思案で人見知りでしたが、社会人になってからはコミュニケーション能力がだいぶ低くなったような気がします。

コミュニケーション能力や会話力の低さにコンプレックスを感じるようになり、それが対人恐怖症の症状を助長させるという感じでした。

社会人になりプレッシャーやストレスが多くなったことが、対人恐怖症の症状につながっているのかなと自覚しています。

具体的な症状としては、異常な量の発汗や赤面や震えや動悸や息切れなどがあります。

視線をどこに向ければよいのかわからなくなってしまったり、声が出にくくなり上手くしゃべれなくなることもありました。

対人恐怖症のせいで自分に自信が持てなくなり、恋愛も難しくなってしまいました。

コミュニケーション能力も会話力も無いので、異性にモテるわけがありません。

このままでは良くないと思い、自分なりに色々と対策を講じて頑張ってみることにしました。

対人恐怖症でも恋愛できる私の方法について

対人恐怖症でも恋愛できる私の方法についてですが、以下のようにまとめてみました。

・老若男女問わずとにかくたくさんの人と積極的にコミュニケーションをとる。

・その場数を踏み、人と関わることの苦手意識を取り除いていく

・飲み会などに積極的に参加してお酒の力を借りてみる

・落語や漫才やバラエティー番組を見たりラジオを聴いたりして会話力を向上させるための研究をする

・どんな年代の人とでもスムーズにお話することが出来るように雑学や時事ネタに強くなる

・色々な人との出会いを求めて街コンや趣味コンに参加する

などがあります。

生活習慣も改善させました

体の内側からのケアも必要だと思い、生活習慣も改善させました。

生活習慣が乱れていると自律神経も乱れて、リラックス状態になりにくくなるからです。

栄養バランスの良い食事を心がけ、睡眠時間もたっぷりと確保する生活にシフトしました。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動と、トレーニングジムでも筋トレもしています。

運動は心身ともにリフレッシュすることが出来るので、精神面に良い影響をもたらしてくれました。

考え方や生活習慣を変えるだけで、自分自身が変われた

考え方や生活習慣を変えるだけで、自分自身が変われたことに驚いています。

対人恐怖症の症状も徐々に緩和されていきましたし、人とコミュニケーションをとることに対する苦手意識や苦痛やストレスや不安も徐々に消えていきました。

恋愛に対しても積極的になり、以前よりも異性にモテるようになったような気がしています。

まとめ

・対人恐怖症の症状に悩み始めたのは、社会人になりたての頃から

・異常な量の発汗や赤面や震えや動悸や息切れなど

・視線をどこに向ければよいのかわからなくなって

・声が出にくくなり上手くしゃべれなくなる

・老若男女問わずとにかくたくさんの人と積極的にコミュニケーションをとる

考え方や生活習慣を変えるだけで、自分自身が変われた

・以前よりも異性にモテるようになった

以上です。

おすすめの記事