対人恐怖症 思春期に発症
ひとりぼっち

はじめに

次に紹介します方は、中学に上がるころまでは社交的な性格で人づきあいが好きだった人なのですが、学年途中からの転勤が引き金となった恐怖症体験談になります。

この方のように思春期に発症は、よくあるケースだと思います。

それでも、大丈夫でしょう。

この方には唯一信頼できる兄がついておられます。

対人恐怖をもつ人は、誰一人相談できないでいることが多いのです。

順調に回復されることを祈っています。

では、事例を紹介します。

兄から

兄から指摘してもらうまで自分自身でさえ全く気が付けずにいたのです。

兄いわく、周りから見てお前の姿は対人恐怖症を発症している人特有の雰囲気と接し方に変化したと言われたのです。

兄が変化したという言い方で表現した理由は、元来私は中学校に入学するまで対人恐怖症はおろか他人と交流する事に躊躇しない性格であったためだと思います。

それまでの自分は、人見知りの性格ではなくむしろ複数名が集まっている人達の輪に入る事を好むようなタイプでした。

入学式の日には当日中に初対面のクラスメートに対して率先して話しかけたり、一緒に部活に入る人を誘うほど社交的な付き合い方ができていたのです。

そのように明るく振る舞う事ができていた中学生の頃、学年途中で親の都合により転校する事になったのです。

転機は中学校の転校

馴染み深い場所とクラスメートから離れる事に寂しいという気持ちを抱きつつも、当時の持ち前の明るい性格によって前向きに転校先の中学校に訪れて面談を行いました。

そこでの面談は想像していた雰囲気とは異なりました。

それまでは自分の人生で気持ちが暗くなるのを感じた事が無かったと思います。

転校先の面談では気持ちが暗くなって、他の事が考えられなくなるという感覚を初めて感じた事をよく覚えています。

 【注意書き・対人恐怖症は思春期に発症する確率が高い】

 

目立たない

転校先の学校内で生徒を指導する立場にある先生達に良い印象が持たれていないが故に、目立たないように大人しく過ごさなければならないと強く思いながら過ごすようになりました。

転校する前とは人が変わったように口数が減り、学校内でも率先して話しかける事はしなくなりました。

休み時間などは活発に遊ぶクラスメート達を横目に見ながら読書をしていました。

自信を失う

同級生達の輪に入る事なく1人で読書をしている時など聞こえてきたのです。

遠くの方から私の事をいつも暗い表情をしながら1人で本を読んでいると言っている同級生の声が聞こえます。

話しかけにくいという声が聞こえてきたりして、すっかり自分の中から自信が無くなっていく事がわかりました。

そのまま高校を卒業し大学に入学しました。

大学時代でも、出席を取ったりプリントを頂くために列に並ぶときなど、平気で私の前に割り込んでくる人が絶えないなど、他人から見て何をしても許される人という印象が持たれている事がはっきりとわかりました。

さらに自信を失い自分の価値が見いだせなくなりました。

恐怖の対象は

こうした様子から私の恐怖の対象は、ひとというものは表にみえる表情とは異なる感情を心の中に抱いていて、優しそうな顔をしながら裏腹な行動をしてくるものであるとわかりました。

唯一兄を信頼して

どうすれば元来の明るい性格に戻れるのかわからずに悩んで居る時、唯一信頼できる兄がいつも相談に乗ってくれて「素直に真っ直ぐ過ごしていれば私の良さに気が付いてくれる」と励ましてくれて助かっています。

以上です。

おすすめの記事