対人恐怖症専門家 メンタルクリにっこにっこ!店長 地震が多発

毎日のように日本列島のどこかで地震ニュースがあります 

皆さま。おはようございます。

朝から曇り空の、週の始まり月曜です。

ここ毎日のように日本列島のどこかで地震ニュースがありますね。

怖いですね。

新型コロナ肺炎も怖いですが、こちらのほうも相当恐怖です。

こうも毎日のように地震が多発していると、心配です。 

東海大地震が来ると言われて数十年です

その地震の本命地かとも思われるところが、揺れないのです。

これ!

怖くないですか。

日本列島、南は鹿児島で地震がありました。

北は北海道で地震がありました。

中部では、山梨県でも地震がありました。

今朝は6時ころ、茨城県で震度4の揺れが発生したそうです。

 東海地方の海岸部を震源とする地震がない

住んでいて、そう思えます。

揺れないのは有難いのですが、そんな悠長な構えでは居られない心持なのです。

 対人恐怖症の人は、地震よりも人が怖い

少し極端からもしれないですが、人と接するのが怖いのです。

先週のこと、保険屋さんと会うことがありました。

保険契約するので会いますよね。

でも、これが本当は嫌なんです。

人と会うのが嫌というよりも、会いたくないのですホントは。

何故会いたくないと思えてしまうのか。

それは何故なのか?

人の顔が怖いのです( ゚Д゚) 

対人恐怖症のひとであれば分かってもらえる

保険屋さんは、当方より少し年下で女性だった。

気を遣うようなひとでもないです。

だって、一緒に呑みに行ったり日帰り温泉行ったりする仲ですからね。 

ひとの顔が怖いのが視線恐怖症の正体

そうであっても、ひとの顔が怖いのが視線恐怖症の正体なのです。

対面する時、相手の顔のどこら辺に視点を合わせれば良いのか迷ってしまうのですよね。

嫌ですね視線恐怖症というものが。

先週も、嫌だったのですがなんとかその場は切り抜けました。

 多分相手は、何にも感じていないだろう

対面する時は、自分の事務所でします。

だから普段通りの居場所、環境の中です。

自分の居場所へ、相手がやってくるのです。

他には誰もいないです。

考えてみれば気楽なものなのです。

次の遊びの話しでもすれば良いのですから。

営業できるような女性ですから、気を遣う必要がない人なのです。

遊び仲間みたいな女性なのです。

でも、やっぱり顔が怖い。

視線恐怖症の辛さは他人には理解不能でしょうね?

話しが長く、取り留めなくなってきました。

すみません。 

今週も、ガンバの月曜が来ました

お仕事に、学業にそして自分自身にガンバなのです。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

おすすめの記事