対人恐怖症専門家 メンタルクリにっこにっこ!店長 今日も生きている

今日も生きている 

こんにちは。

今日のお題は、「今日も生きている」にしようと思いました。

対人恐怖症で苦しい毎日でも生きていますよね。

辛くて苦しいを感じる対人恐怖ですが、楽しい事や嬉しいことがまったくないわけじゃないです。

 楽しい事や嬉しいことの数を数えましょう

辛い辛いと毎日を、塞ぎ込んで、下ばかり向いて生きていては息が詰まります。

健康そうなひとでも、うつ状態になるわけです。

まさにそんなときは、下ばかり向いて生きている瞬間なのでしょう。

世の中、下があれば上もあるのが自然界のルール。

貴方にも楽しい事や嬉しい事いっぱいあるのが現実世界なのです。

貴方は現実世界に生きている。 

自分ひとりのスペースとその時間を確保しましょう

私は、10代の学生の頃から自分のスペースと時間を大切に確保してきました。

例えば、変な話に聞こえるでしょうが。

「家族と一緒にテレビを見る時間を作らない」

こんなことに気を付けて生きてきました。

今の時代は、家族と一緒に団らんテレビや映画を見たりするのは当たり前なのでしょう。

私は、それが出来なかった。

辛くて苦しいから出来なかったのです。

これの意味が貴方には分からないかもしれないです。

対人恐怖症という視線恐怖のひとにしか分かりえないでしょう。

この苦痛と言うものは、人生を破壊するほどの力があるのだと思います。

この苦痛とは、「死」をも意味します。

それほど、苦痛なのです。

人生に生きる希望を失わせるほどの視線恐怖で苦痛があるのです。

 今日も明日も元気に生きよう

辛い事ばかりを数えてはいけないです。

私の言いたいことは、そういうことです。

人生は、両極のものが一対になってあるものなのです。

苦痛があれば、極楽がある。

貴方にも、極楽や上機嫌になれるだけの良いことも一杯あるはずです。

それが、自分からは、見えていないだけかもしれないです。

冷静になって静かに自分を振り返ってみてください。

必ず貴方にも、良いことがいっぱいあるのですよ。

気づいていないだけなんですよ。

例えば、お母さんからの愛情いっぱい受けていませんか?

貴方がちょっと顔色わるかったりすると、お母さんが一声かけてくれたりすることありませんか。

ほんのちょっとしたこと。

それが、貴方の幸せなのです。

辛い事ばかりの人生ではありません。

良いことを数えてみましょう。

今日からは、良いことを数えることを一日の目標にしたらどうですか?

 対人恐怖で今日も生きている

明日は、もっと良いことが起こるかもしれないです。

素直なこころと素直な考え方を身につけましょう。

1日1分、生きる力ー折れない気持ちのつくり方

新品価格
¥1,650から
(2020/6/3 14:06時点)

その為に、学ぶのです。

時間を掛けて、数年単位で学んでゆくのです。

その覚悟が出来たら、実行しましょう。

本屋さんに行って、自己啓発書を探すのです。

貴方の琴線にぴったりと合う、名著に巡り合えたら幸運を掴んだも同然です。

さらに、学びましょう。

 

 

 

おすすめの記事