対人恐怖症で苦しむ人は、社会的少数者(マイノリティ)ではないの?

対人恐怖症で苦しむ人は、社会的少数者である

最近になってこそ、言われている言葉がある。

それは、社会的少数者=マイノリティと!

日本では、マイノリティというほうが分かりやすいかもしれないです。

簡単に言うと「性同一性障害」が分かりやすいですが。

社会的少数者 いまは令和の時代です

そして、いまは令和の時代です。

対人恐怖症という枠組みは社会的少数者である。

ですから、対人恐怖症という社会的少数者を理解されて当たり前の社会が無くてはいけないのであります。

日本社会に変革が必要であると言いたいのである。

例えば、対人恐怖症の人であっても、職場においてその障害の部分を理解して適時対応出来たとする。

そう、働く場の事である。

おそらくであるが、その辺のサラリーマンなどよりも高い成果を上げることが出来るであろう。

対人恐怖症という苦しさや辛さを、良質な労働へと転換出来た場合の話を言っているのである。

そう。

それは、必ず実現するでしょう。

まだまだ、日本社会には対人恐怖症の人が働きやすい場を提供しようなどという次元の高いことを打ち出せる職場は皆無である。

遅れているのである。

これでは、ダメである。

令和の新しい時代には、新しい社会変革の波を起こさなければいけない。

まず、誰かが声を上げることである。

ならば、立ち上がろうではないか!



対人恐怖症の人達のための新しい社会制度を創造しましょう!

対人恐怖症の人の

対人恐怖症の人による

対人恐怖症の人の為の生き易い社会を! 目指していきましょう。

いざ、いまが出陣の時じゃ!

新しい社会制度を創造しましょう!

いつまでも、社会に認知されることなく悶々と悶え苦しむのが対人恐怖症のひとの特権なんかではない!

堂々と、社会に声を上げるべきである。

対人恐怖症のひとを優しく理解されるのが当たり前の日本を創り出すのである。

これは、夢物語なんかではありません。

さぁ、今である!

追記

メンタルクリにっこり!店長です。

かんたんに言うと「対人恐怖症だから生き辛い」という、現実社会を変えようということですね。

社会の方が遅れているのだ、という認識を持つことです。

これから生れてくるであろう人に対しても、いま日本社会を変えないといけないんですよ。

対人恐怖を抱えて生きづらい世の中を、なるべくなら味あわせたくないです。

 

以下、「社会的少数者」の参考

社会的少数者(しゃかいてきしょうすうしゃ)または社会的少数集団(しゃかいてきしょうすうしゅうだん)、社会的少数派(しゃかいてきしょうすうは)とは、その社会の権力関係において、その属性が少数派に位置する者の立場やその集団を指す。

欧米の「マイノリティグループ」(英語: minority group)の考え方を輸入したものであるが、日本語では単に「マイノリティ」と呼ばれることもある。

多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的な偏見や差別の対象になったり、少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から損失を被ることを前提とした呼称でもあるが、例外も多い。

「社会的弱者」にも近い概念であるといえるが、つねに一致するわけではない。

対義語はマジョリティまたは社会的多数派であり、これは多数派に位置する為には強い立場にいる集団を意味しており、統めて世論を形成しやすい群というふうにも言える。

留意点として、数としては少数でなくても、差別や構造により社会的に弱い立場の集団を「マイノリティ」とする定義もある。

たとえば数の面では人口の半数近くを占める女性や、人口では多数派である南アフリカの黒人や20世紀初頭のアメリカ合衆国南部の黒人のように、人口の割に社会における機会が著しく制限された層をマイノリティとする反レイシズム団体も存在する。

逆に、数としては少数であってもその集団が強い立場にある場合には「マイノリティ」と呼ばないことがある。

これの例としては、「一握りの大富豪」と呼ばれる富裕層や、ラテンアメリカ諸国における白人層、アパルトヘイト時代の南アフリカ共和国における白人層などを挙げることができる。

引用元 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おすすめの記事