対人恐怖症はスピリチュアル世界を知ることで救われる

対人恐怖症はスピリチュアル世界を知ることで救われる

こちらのお話は、私の友人で占い師の先生でもありますCさんからのお話です。

輪廻転生というのは?

輪廻転生というのは、人が何回も生死を繰り返しながらも変化することです。

輪廻は車輪がまわるのを見てくれで、転生は変化することを指しているのです。

インドのバラモン教の思考からきて、仏教へと伝えられたのです。

ありとあらゆる生命は、亡くなると他の人間や生物に生まれ変わるという考え方です。

輪廻転生とは、人が死んでも魂は不滅で、そしてこの世に生え変わってくるという考え方です。

霊魂再来説とも称されているのです。

わたくしたち人間が生まれ変わる意味

我々の魂が、肉体に宿り、生まれ変わりを何回も行うのには大きくわけて2つののわけがあるのです。

一つ目は、魂を進化させて、これまで以上に灯かり光を放つ大きな存在となるため

二つ目は、過去世の間違い、すなわちカルマを好転させるため

この二つの目的を成し遂げることを願って、わたくしたちに欠かせないというものは成長と浄化です。

すなわち、「心を清めて愛を携えて生きる」事により、わたしたちは慈愛を育み、魂を浄化し、より大きく輝ける存在になっていくというわけです。

この世は各人の魂が磨かれるためのスクールみたいなものかも知れないのです

更に、私達人間おのおのは学生なのであろう。

しっかりと、勉強して学業を修めるように生きていければ良いですね。

きっと、死後の世界も平安で過ごせるでしょう。

そして、生まれ変わってこの世に生を受けた時の人生も幸運な一生を送ることができるものと信じております。

前世の記憶は忘却して産まれてくる

どういうわけで人は生まれ変わりの時に前世の記憶を失くしてしまうのでしょう?

いくつかの理由がありますけれど、そのうちでも大きな理由は神の慈悲の法則が働いたその結果だと言えます。

この神の慈悲のルールとは、わたくしたちが一人の人として息をしている間、心や精神にストレスやダメージを与えるようなものから私たちを保護する聖霊のパワーの作用です。

こちらの法則性の働きの一つが「忘却」です。

そしてもうひとつは答えを認識していないの状態で答えを導きだすため、つまり生きることで「学び」をさせるために、記憶を忘却してしまうことになります。

前世の記憶を忘却する理由

たとえば、ある人が前世の記憶をキッチリ覚えて誕生してきたとします。

もしその前世の記憶が殺人など悪逆非道の行ないだったとしたということなら、その方は脳や人格形成が未成熟な子どものころから罪悪感にさいなまれて泣いて苦しみ悶えるかも知れません。

そうじゃないとすれば子どものころから残虐性に目が覚めたりするかも知れない。

そしたら今世での人間性に大きな傷付けたり、あるいは心や精神を破壊させる原因と成りえる事がイメージされることでしょう。

学びのためにと考えて

前世の記憶を失うもう一つの大きな要因は経験した面での事になります。

過去のあやまちや失敗を今世で償うような場合、もしもわたくしたちが前世の記憶を抱えていたなら、それは解答をよく知っている環境下でテストをやって頂くのと同じです。

私たちは今の人生で精いっぱい研磨を積むことのできるように、過去の経験や記憶を忘失してこの地上に現れてきたのです。

地上の肉体の中にある間は、かつての世の記憶をなくしていますが、私たちの魂は未来永劫不滅のものなので、だれもが亡くなって魂の状態にもどっている間は、それまでの生まれ変わりの記憶をすべて思い浮かべることができます。

また次に新しく生まれ変わりの時には忘れ去ってしまうのですけども。

それと、歴史の上での聖人や、霊能者の中においては過去世の記憶を所持していたり、人間の以前の世の記憶を視る力を兼ね備えた人も居いらっしゃいました。

霊性が上昇して、この世の中のさまざまな基本的な法則を自らの制御下においたなら、人間にはそいつが可能なはずです。

けれども、秀でている霊性を有している人間だとすれば、自分や人の過去世をいい加減に豪語するということはあるはずがありません。

そういうわけで自分や周囲の人の前世とか過ぎた時代の世のことをむやみやたらとしゃべり出す人にはうそ嘘をつく人が多いので気をつけなければなりません。

 

続く。

おすすめの記事