対人恐怖症とは何?
オアシス発見

対人恐怖について

今回は対人恐怖についてまとめてみたい。

当方、精神医学を勉強致しましたが、専門家ではありませんのでご容赦ください。

なお、間違いなどあるかもしれませんが、その際は是非優しくご指摘などコメント頂ければ幸いです。

近年では、対人恐怖症ではなく社交不安症との診断名がつけられることが通常だそうです。

恐怖症とは

特定のある一つのものに対して、心理学的および生理学的に異常な恐怖を感じる症状である。

恐怖症者は、日常生活において恐怖の対象を避ける工夫をしてすごしている。

恐怖の対象に遭遇したとき、恐怖心や不安感の程度によって、不快感やめまい、吐き気といった症状を催すが、極端な場合にはパニック発作をきたすこともありうる。

これらの恐怖症は、子供の頃の無知から感じる恐怖や、偶然に経験した恐怖体験がきっかけとなって出現するのではないのか。

周囲の理解がある程度必要である。生活において、大きな障害とならない限りは個人の個性として尊重すべき弱点であり、放置しておくうちに次第に軽減したり、克服経験によって解消されることが多い。

対人恐怖症(社交不安症)のさまざまな症状例

  • 赤面恐怖症・人前に出ると緊張感が高まり、顔が赤くなる自分を過剰に意識。
  • 視線恐怖症・周囲の視線が気になり、恐怖や震え、思考が落ち着かない。
  • 発汗恐怖症・緊張により発汗し、ハンカチなどを持たないと落ち着かない。
  • 書痙(ショケイ)・人前で文字を書こうとすると、緊張と不安により手が震える。
  • 場面恐怖症・緊張して声が震えるなど、人前でうまく発言できない。 
  • 表情恐怖・人と話すとき表情がこわばって異常に緊張する。
  • 酬形恐怖(シュウケイキョウフ)・自分の外見・容姿について、他人にはとくに気にならないわずかな欠点にまで、とらわれてしまう。
  • 笑顔恐怖・無理に笑おうとして顔がひきつり、自己嫌悪におちいる。
  • 吃音恐怖(キツオンキョウフ)・同じ発音をくり返したり、ことばがつかえたりするなど
  • 体臭恐怖・自分が臭いと周りから嫌われていると思い込んでしまう

その他として、以下の通り

男性恐怖症

女性恐怖症

外国人恐怖症

イスラム恐怖症

ペドフォビア 子供に必要以上に恐怖を抱くこと。

何故に恐怖に感じるのか

恐怖に感じる原因は何か

原因が特定できたら、幸いです。

具体的な対策が可能ですよね。

実際には、原因ははっきり分からないです。

同じ人間なのに、Aさんは気にしないことを、他のBさんは息が止まりそうな程苦しい状態になるんですよ。

これ、分かりますか?

そうでないひとには、この心境は絶対分かりません。

当事者でないと、本当の苦しさは分からないのは当然ですけど。

例えば、手術するひとがいたとします。手術前は本人は心配です。

他のひとには、その心配な心境分かりませんよね。

分かるとしたら、同じような手術をした経験があるからなんですよね。

わかる人は、当事者であるということです。

砂漠にオアシス発見!

実は対人恐怖を始めとして「非条理な状況に置かれた人」にこそ、真の幸運が与えられるものなんです。

その自然の摂理を知っている人はほんの僅かのようです。

私は、その自然の摂理を発見しました。

ぜひ貴方にも幸運の人生を歩んでほしいと願います。

恐怖症は自分に与えられた、鮮やかな特徴なんです。

できるだけ、良い方向へと考えてみましょう。

それがあるからこそ、幸運が掴めるのです。

その権利を与えられているのです。

くよくよするのも、必要かもしれませんが、強く前向きに生きてみたいと思いませんか。

拙い話ですが自身の体験も踏まえ、ブログを少しづつ書いていこうと思います。

特に、対人恐怖症は様々ですので、それに合わせてカテゴリー毎に分けてみたいと思っております。

****************************************************************

上記以外の恐怖症を以下にまとめておきました。(参考まで)

 

特定の恐怖症

・高所恐怖症

・歯科治療恐怖症

・先端恐怖症

・単一恐怖症

・単純恐怖症

・動物恐怖症

・蛇恐怖症

・犬恐怖症

・クモ恐怖症

・カエル恐怖症

・閉所恐怖症

・暗所恐怖症

・血液恐怖症

・死体恐怖症

・死恐怖症

・飛行機恐怖症

・雷恐怖症

・火炎恐怖症

・らい恐怖症

・効果音恐怖症 風船などの破裂音や金属音などによる恐怖。

・花恐怖症

・嘔吐恐怖症

・失敗恐怖症

・放射線恐怖症

・集合体恐怖症

その他

・新奇恐怖症

・古物恐怖症

 

(ウィキペディア(Wikipedia)参照

 

おすすめの記事